増える利用者

自宅の整理にも最適です!福岡で遺品整理依頼をするなら、お得なプランを豊富に備えたこちらへどうぞ!予算に合わせてお選び頂けます!

リーズナブルな価格で葬儀を行うことが出来ます。お得な家族葬をさいたま市で行なうなら、こちらのサイトをチェックしましょう。

納骨堂とは霊園やお寺などに付属している、遺骨を安置するための施設です。お墓の一種とも言えますが、屋内施設である点に違いがあります。通常のお墓が一定の広さの敷地を区画整理してそこに墓石を建立するのに対し、納骨堂の場合は屋内に設けられたロッカーや棚のような形状をした安置所に骨壺を納めます。そのスタイルから「お墓のマンション」などと呼ばれることもあります。 納骨堂は、施設自体は1960年代ごろにはすでに存在していました。しかし当初はお墓を建てるまでの一時的な安置施設という性格が強いものでした。しかし現在では恒久的な供養のための施設に性格が変わりつつあります。それとともに、利用者の数も増えてきています。

納骨堂の普及が進んだ背景には、主として2つの理由があります。 1つは、墓地の供給不足です。生前の住まいと同様、都市部ではお墓の用地の確保が難しくなってきており、新たな霊園は郊外の遠隔地に作られる傾向があります。しかし納骨堂であれば一種の「集合住宅化」によって交通アクセスの良い場所にも建てられるので、都市住民にとっては墓参に通いやすくなります。 もう1つは、少子化・核家族化の進行です。「家」との精神的・物理的なつながりが薄れたことで、先祖代々のお墓に入りたいという気持ちをもたない人が増加してきました。さらに新たにお墓を建立しても、守ってくれる子供がいなければ荒れてしまうおそれがあります。こうしたことから、管理体制のしっかりしている納骨堂に安置されることを望む人が増えてきているのです。この傾向は今後も続くものと考えられます。

あの人が大切にしていたもの…そう考えるとなかなか整理できません。遺品整理は埼玉に業者が存在していますので、相談してみるとよいでしょう。


変化が起こる

そもそも遺品整理の業者というのは、非常に最近始まったことです。昭和の時代は家族も多く誰かがなくなってもその家族で手分けをして人生をすれば充分片付くレベルだったのですが、時代に変化が起きました。

Read more »

個性的なデザイン

墓石には、和型、洋型、デザイン型のタイプがあります。霊園によって墓石のスタイルが決められている場合もありますが、現在は個性的な墓石を好む人が多く、様々な墓石が霊園に存在しています。

Read more »

必要な業者

家族が亡くなった時には、遺品整理を行う必要があるでしょう。その作業を代行する業者は、年々数を増やしています。業者選びの際のポイントを抑えておくと非常に便利でしょう。

Read more »

オススメリンク